復旧率が高い日本データテクノロジーの評判を知ろう

情報は重要なもの

ファイル

多くの企業で扱っている情報は、個人情報や外部に漏らしてはいけないデータが含まれているため、大変重要なものです。そんな情報をファイル移送する時は、セキュリティ対策をしっかり行っているサービスを利用しましょう。

サーバーを設置する

パソコンを操作する男性

企業はサーバーが停止することを恐れています。だから、サーバーの停止を防ぐため、データセンターのサービスを活用するのです。データセンターはクーラーによる温度調節と強力なネットワーク回線を約束しています。どちらもサーバーを安定稼働させるのに有効です。

魅力の復旧サービス

社内

復旧率は大事

ハードディスクからデータ復旧をしたい時、重要になるのは復旧率です。これが高くないとうまく復旧できないのでサービスを利用する際は気をつけておきましょう。高復旧率で評判の良いサービスに日本データテクノロジーがありました。その後日本データテクノロジーはデジタルデータリカバリーと名前を変えて営業をしているのです。ここは復旧率の評判がよく96.2%を誇っています。どうしてこんなに高いのかというとそれは設備が関わっているのです。自社のクリーンルームを使ってハードディスク復旧を行っているのですが、これはチリやホコリのない空間になります。それだけにハードディスクの復旧中にトラブルが起きないため復旧率が高いのです。

素早いサービスで人気

会社のサーバは結構データ量が多いので復旧する時大変です。しかし日本データテクノロジーから改名したデジタルデータリカバリーは迅速な対応を出来ます。すべてワンフロアで行っているので素早い対応が魅力です。お客さんからの対応をするエリアと入庫発送エリア、クリーンルームがすべてワンフロアに収まっています。国内ではトップクラスになる2万台のドナーハードディスクも完備し、万全の体制で注文を受け付けているのです。納品までの時間は最短で1日となっているのでこれも評判の良いところになります。持ち込みだけでなくインターネットから注文できるサービスも評判は上々です。以前日本データテクノロジーを利用していた方も安心して使えるので依頼してみましょう。

本部の一元管理

ネット

クラウドシステムはビジネスの現場においても有効に活用されています。飲食店や販売店などは複数の店舗があることが多くなっています。しかし販売管理を一元化することで仕入れコストの差公家にゃ利益管理などを行う事ができるようになるのです。